作品紹介

世界潮流を決めた男。その決断と半生

世界経済2位となった現代中国の路線を定めた彼は、どのように決断したのか? 毛沢東死去、天安門事件、南巡講話。膨大な史料をもとに描く

担当編集者より
いまやGDP世界第2位として、グローバル経済の要となった中国。その中国の政治と経済の路線は20年前にトウ小平が敷いたものでした。毛沢東の死後、最高権力者となったトウ小平は、いかにして今日につながる道を開いたのか? 中国取材40年のベテラン伊藤正が、豊富な取材と膨大な史料を駆使して描き切りました。最高指導者が胡錦濤から習近平に交代、経済成長が鈍化し、覇権主義にも走る現代中国の矛盾も広がった中国の舵取りが注目されるいま、必読の書です。(TT)
商品情報
書名(カナ) トウショウヘイヒロク ゲ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2012年09月10日
ISBN 978-4-16-783816-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く