作品紹介

極秘とされた満州国皇帝・溥儀の謁見の記録の全貌

外務省出身で、新京の日本大使館書記官であった林出賢次郎は、皇帝・溥儀の絶大な信頼を得、相談相手となり、また専属の通訳として、関東軍司令官をはじめとするほとんどの謁見に同席した。その克明な記録が、戦後四十年経って、和歌山の林出の実家で発見された。
清朝皇帝の尊大さと、傀儡の屈辱。関東軍への不信とおもねり。自らの後継問題と、親族への疑念……。そこに記された溥儀の胸中と肉声は、悲劇の偽国家・満州国の真の姿をあらためて浮かび上がらせる。
昭和天皇に対する絶大な敬意と羨望。帝位継承すら自らきめられないことへの苛立ちと、皇后をめぐる私生活の悲劇。石原莞爾、東条英機らへの歯に衣きせぬ月旦。
昭和史の闇とされた人造国家・満州国の実態が明らかになる。

担当編集者より
中田整一著
『満州国皇帝の秘録』
皇帝溥儀の専属通訳・林出賢次郎が残した関
東軍司令官らの謁見の極秘記録です。清朝皇
帝末裔としての尊大さと、傀儡としての屈辱
。関東軍への不信とおもねり。昭和天皇に対
する絶大な経緯と羨望。帝位継承すら自らき
められないことへの苛立ちと、皇后をめぐる
私生活の悲劇。石原莞爾、東条英機らへの歯
に衣きせぬ月旦などなど。傀儡国家であった
満州国の実態と、溥儀の複雑な素顔を明かす
昭和史の貴重な証言です。(MK)
目次
第一章 「厳秘会見録」との遭遇
第二章 満州国の誕生前夜
第三章「日満議定書」調印の舞台裏
第四章小春日和の溥儀執政時代
第五章 砂嵐の中の皇帝即位式
第六章訪日で遠のいた「清朝復辟」
第七章「帝室御用掛」吉岡安直
第八章 傀儡国家の内実
第九章 浮上した世継ぎ問題
第十章 帝位継承をめぐる密約
第十一章 日中戦争に揺れる満州国
第十二章 一九三八年、「厳秘会見録」の終焉
商品情報
書名(カナ) マンシュウコクコウテイノヒロク ラストエンペラートゲンピカイケンロクノナゾ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2012年11月10日
ISBN 978-4-16-783832-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く