作品紹介

第68.69代内閣総理大臣を務めた大平正芳の生涯を描いた傑作小説。
決してスマートとはいえない風貌に「鈍牛」「アーウー」と渾名された訥弁。だが遺した言葉は「環太平洋連帯」「文化の時代」「地域の自主性」など、21世紀の日本を見透かしていた。
キリスト教に帰依した青年期から、大蔵官僚として戦後日本の復興に尽くした壮年期、そして”三角大福”の一人として党内抗争の渦中へ。「政治家は倒れて後やむ」といい、総選挙の最中に壮絶な「戦死」を遂げるまでの波乱の生涯を、愛惜とともに描く。

大平正芳生誕100年記念として書き下ろされた長篇小説の文庫化。文庫解説は川村湊氏。

商品情報
書名(カナ) アカネイロノソラ テツジンセイジカ オオヒラマサヨシノショウガイ
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2013年01月10日
ISBN 978-4-16-785101-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く