作品紹介

銭形平次が文庫に帰ってくる

投げ銭でおなじみ平次が難事件を鮮やかに解決。子分ガラッ八との軽妙な掛合いも楽しい、人情味溢れる名作時代小説を復刻。八篇収録。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
投げ銭でおなじみの銭形平次。映画やドラマで、長谷川一夫や大川橋蔵が演じる姿を記憶されている方も多いのではないでしょうか。原作は「オール讀物」誌上で昭和六年の創刊号から三十二年まで連載され国民的な人気を博した捕物小説ですが、実は、本の形では手に入らない状況がしばらく続いていました。今回は長きにわたった連載の中から傑作を厳選。「親分、大変だ」と飛び込んでくるガラッ八との軽妙な掛合い、難解なトリックを解く推理力、下手人をむやみに縛らないその人情――これを読まずして捕物は語れない。今も色褪せぬ魅力を放つ名作です。(RN)
商品情報
書名(カナ) ゼニガタヘイジトリモノヒカエケッサクセン イチ コンジキノオトメ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年05月10日
ISBN 978-4-16-790100-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く