作品紹介

「特命リサーチ200X」「恋のから騒ぎ」「世界まる見えテレビ特捜部」など数々のヒット番組を手がけ、ビートたけしや明石家さんま、所ジョージが信頼するテレビマンが、古今東西の映画を腑分けし、「人間は何を見たいのか」を徹底的に分析する。映画からどうやってヒントを得て、テレビ番組づくりに活かすのかという発想法も満載。エンターテーメントの世界で働く人、クリエイターを目指している人は必読の、異色の映画論です。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「特命リサーチ200X」「恋のから騒ぎ」「世界まる見え!テレビ特捜部」など数々のヒット番組を手がけ、明石家さんまや所ジョージなどの信頼も厚いテレビマンによる異色の映画論。古今東西の映画を材料に、「人間が面白さを感じるツボはどこにあるのか」を明らかにします。そこにはおのずとヒット番組をつくるための発想法が惜しげもなく披露されています。映画好きな人はもちろん、エンターテーメントの世界で働く人たちやクリエイター志望の若い皆さんにこそ、ぜひ手に取っていただきたい一冊です。 (H.I)
商品情報
書名(カナ) ヒットバングミニヒツヨウナコトハスベテエイガニマナンダ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年06月10日
ISBN 978-4-16-790131-8
Cコード 0195

著者

吉川 圭三

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く