作品紹介

『タモリ論』の著者が描く、稀代の悲恋物語
愛はなぜ終わるのか――。

震災後、妻と西へ逃げた作家は、立ち寄った小豆島の海で、ある着想を得る。それは、平成、昭和、大正、明治と四つの時代を遡る悲劇の物語。そこには謎の生物・ニジコを見た男女は別れるという小豆島別離伝説があった。やがて明らかになる島の因縁話。稀代のストーリーテラーが変幻自在な愛を克明に描いた傑作。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) ニジュウゴノヒトミ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年10月10日
ISBN 978-4-16-790205-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く