文庫
文庫

文春文庫

還らざる道

内田康夫

  • 定価:本体600円+税
  • 発売日:2014年11月07日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

愛知・岐阜県境の矢作ダムに浮かんだ他殺体の身元は、インテリア会社会長の瀬戸一弘と判明した。「帰るまいと決めていたが……」という謎の言葉を残して、生まれ故郷の木曽の山村へと帰る途上だった瀬戸はなぜ殺されなければならなかったのか。祖父の死に方に疑問をもつ瀬戸の孫娘の正恵と、取材旅行先で偶然に出会った浅見光彦は、正恵とともに、事件の真相を追いかける。足助、木曽、さらに岡山にまで足を延ばした二人の前に、やがて木曽の山中で繰り広げられてきた悲劇と陰謀の歴史が、亡霊のごとく、蘇る――。

商品情報
書名(カナ) カエラザルミチ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年11月10日
ISBN 978-4-16-790219-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く