作品紹介

生のぎりぎりの淵をのぞき見ても、もっと行けたんじゃないかと思ってしまう」

探検家にしてノンフィクション作家の角幡唯介が、みずからの性とジレンマを描き尽くす。

冒険とは何なのか。
生きるとはどういうことか。
自分はいったい何者なのか。

極限状況において、自らに問い続けた果てに、しぼりだされた珠玉のことば。

いま最も期待される探検家、はじめてのエッセイ。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) タンケンカノユウウツ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年05月10日
ISBN 978-4-16-790371-8
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く