作品紹介

海と船へのあこがれを抱いて対馬で育った笛太郎は、海賊船黄金丸の船大将となってシャムを舞台に活躍するように。シャムのバンコクは明国の海賊マゴーチの本拠地。マゴーチは笛太郎の実父だが、笛太郎が異母弟を殺したことから親子の宿命的な対決が始まった――。戦いの果てに、笛太郎は「狼」から「王」へ変わることができるのか? 海に生きる男たちの夢とロマンを描いた直木賞受賞作「海狼伝」の続編。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

商品情報
書名(カナ) カイオウデン
ページ数 560ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年02月10日
ISBN 978-4-16-790552-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く