作品紹介

なぜかしら音楽家には食いしん坊が多いのです──

とろとろのチーズトースト、二時間煮込んだシチュー、たきたてのご飯のバター、しょうゆ、おかかを混ぜ、お味噌汁のお豆腐をのせた現代版ウツミ豆腐……
パリで「食いしん坊」に目覚めた著者が、日本料理はもちろん、人生で出会った忘れがたい料理と世界の音楽の友人たちとの交流を自在に綴った、おいしいエッセイ集。

世界の友人から教わった料理レシピと調理のコツもふんだんに盛り込まれています!

解説は、著者が大叔母にあたる朝吹真理子さん。
「なんでもないことのおいしさ」という素晴らしい解説も必読です。

商品情報
書名(カナ) パリジコミオリョウリノート
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年04月10日
ISBN 978-4-16-790603-0
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く