文春文庫

白露の恋更紗屋おりん雛形帖

篠 綾子

  • 定価:本体750円+税
  • 発売日:2016年08月04日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • 第6回(2017年)歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

シリーズ第5弾! いま最も“読ませる”時代小説!

おりんさんはかげがえのない人――と言ってくれた蓮次が頻繁に吉原に通っているという。人が変わったような蓮次の態度に傷つき、嫉妬と不安で息苦しい毎日を送るおりん。そんな折、蓮次の故郷・岩槻に行くことに。蓮次のことをもっと知りたいと思うおりんは、桜木家の過去を探らずにはいられなくなる。一方、熙姫の大奥入りの話が進められ…。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
初恋の人と結ばれて幸せになる――女性なら誰しも憧れますよね。更紗屋シリーズのおりんの初恋が実るのかどうか。更紗屋の女主となって店を再建するなら、かつて番頭だった末続と所帯をもったほうがいいでしょう。でも、心から好きになった人、命をかけて自分を守ってくれる人をあきらめることができないおりんの気持ちも分かります。ターニングポイントとなるこの巻、おりんと蓮次の恋の行く末から目が離せません。(JI)
目次
第一話 流し雛の里
第二話 鬼女の恋衣
第三話 みをつくし
第四話 桜紅葉
解説 信念と覚悟で人生を切り拓くヒロインの新たな”色” 細谷正充
商品情報
書名(カナ) シラツユノコイ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年08月10日
ISBN 978-4-16-790684-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く