文庫
文庫

文春文庫

実況・料理生物学

小倉明彦

  • 定価:本体780円+税
  • 発売日:2017年02月10日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「え、焼豚には前と後ろがある?」「牛乳はなぜ白いのか?」料理をしながらそんな疑問に大学教授が答えます!
大阪大学神経生物学の教授の小倉先生による名物講義(現在は開講していない)をもとにしたやさしい科学本。
小倉先生曰く、最近は実験しない教育が増えているが、「知識の身体化」のためには、料理が一番!ということで、普段何気なく食べているものに対する疑問を科学的に説明するだけでなく、実際に学生と一緒に料理をして学んでいきます。

身近な疑問から始まる科学の入り口として、幅広い年齢層で楽しめる一冊。

目次
第0講 オリエンテーション
第1講 カレーライスの生物学 コラム・カプサイシンと痛み/病原菌ハンターの時代など
第2講 ラーメンの生物学 コラム・でんぷんとは何か/インスタントラーメンの物理学
第3講 ホットドッグの生物学 コラム・ヘムとハム/健康食品と有害食品など
第4講 お茶はいかがの生物学 コラム・カフェイン/進化論など
第5講 焼肉の生物学 コラム・ガンとは何か/赤身肉と白身肉/正統ホルモン学など
第6講 ちょいと一杯の生物学 コラム・ベーグルの悲しい歴史/お酒に強い人弱い人など
第7講 食後のデザートの生物学 コラム・水の不思議と生物/パンダの親指

目次
第0講 オリエンテーション
「今年の顔触れはどうかな」
第1講 カレーライスの生物学
「講義をはじめます」
コラム・遺伝子組み換え作物/カプサイシンと痛み/病原菌ハンターの時代/ビタミン
第2講 ラーメンの生物学
「今日のお昼は何を食べましたか」
コラム・デンプンとは何か/浸透圧(おダシの物理学)/インスタントラーメンの物理学など
第3講 ホットドッグの生物学
「勉強もちゃんとしてちょうだいね」
コラム・食品と高分子/食品の保存、防腐、殺菌/ヘムとハム/健康食品と有害食品
第4講 お茶はいかがの生物学
「今週はライトに、お茶にします」
コラム・ポリフェノール/カフェイン/進化論/ドーパミンと脳内報酬系
第5講 焼肉の生物学
「今週は約束どおりヘビーに焼肉です」
コラム・内骨格と外骨格/ガンとは何か/正統ホルモン学/赤身肉と白身肉
第6講 ちょいと一杯の生物学
「今日はこのあとコンパという諸君も多いでしょう」コラム・ベーグルの悲しい歴史/お酒に強い人弱い人など
第7講 食後のデザートの生物学
「暑くなってきましたね」
コラム・水の不思議と生物/パンダの親指など
商品情報
書名(カナ) ジッキョウ リョウリセイブツガク
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年02月10日
ISBN 978-4-16-790801-0
Cコード 0195

著者

小倉 明彦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く