作品紹介

35歳で初めての出産。それは試練の連続だった!
芥川賞作家・川上未映子のベストセラー出産・育児エッセイ
待望の文庫化!

〇本書は、妊娠が判明したときから、出産を経て、1歳の誕生日まで、出産・育児という大事業で誰もが直面することを、芥川賞作家の鋭い観察眼で赤裸々かつユーモラスに描き、多くの共感と感動を呼んだ異色エッセイです。
つわり、マタニティブルー、分娩の苦しみ、産後クライシス、仕事と育児の両立……
妊娠&出産という個人的かつデリケートな出来事を、己の身体と精神の状況を赤裸々に描くことによって、単行本刊行時に圧倒的な読者の支持を得たベストセラーエッセイです。
本書への反響を通して、「読者のみなさんの人生に一瞬でも触れるような感覚をいただけたこと」は、書いてよかったと思うことの第一だと、川上さんは「文庫本のためのあとがき」で述べています。あの感動を、改めて文庫版で!

〇本書は女性読者はもちろん、男性読者にもぜひ読んでいただきたい!「父とはなにか、男とはなにか」「夫婦の危機とか、冬」「夫婦の危機とか、夏」などの章では、出産・育児における男性の役割を鋭く考察しています。

〇号泣して、爆笑して、命の愛おしさを感じる一冊。
「きみに会えて本当にうれしい」。

〇「文庫本のためのあとがき」付き。

目次
☆出産編 できたら、こうなった!
陽性反応/つわり/
出生前検査を受ける
心はまんま思春期へ/そして回復期
恐怖のエアロビ/かかりすぎるお金と痛みについて/生みたい気持ちは誰のもの?
夫婦の危機とか、冬/
そして去ってゆく、生む生むブルー
いま、できることのすべて
乳首、体毛、おっぱい、そばかす、その他の報告/破水/帝王切開
なんとか誕生

☆産後編 生んだら、こうなった!
乳として/かわいい♡拷問
思わず、「わたし赤ちゃんに会うために生まれてきたわ」と言ってしまいそう
頭のかたちは遺伝なのか
3ヶ月めを号泣でむかえる
ひきつづき、かかりすぎるお金のことなど
髪の毛、お肌、奥歯に骨盤、その他の報告
父とはなにか、男とはなにか
夫婦の危機とか、夏/いざ、離乳食
はじめての病気/仕事か育児か、あらゆるところに罪悪感が/グッバイおっぱい
夢のようにしあわせな朝、それから、夜
ありがとう1歳

あとがき
文庫本のためのあとがき
商品情報
書名(カナ) キミハアカチャン
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年05月10日
ISBN 978-4-16-790857-7
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く