作品紹介

戦前の政党がおかした「失敗の本質」とは?

国民の期待を背負って誕生した政党政治は、なぜ自壊したのか。軍の台頭を招いた、日本の政党政治の挫折の要因を筋を追って解明する。

目次
第1章 自壊する二大政党 1928年(昭和3年)
第2章 原敬 政党内閣の光と影 1918年(大正7年)
第3章 もたれあう政党と藩閥 1905年(明治38年)
第4章 理念なき政党の迷走 1898年(明治31年)
商品情報
書名(カナ) セイトウセイジハナゼジメツシタノカ サカノボリニホンシ
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年08月10日
ISBN 978-4-16-790914-7
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く