作品紹介

大和和紀さんの解説で、新たに息を踏み返した田辺聖子さんの幻の歴史エッセイ集です!
いまはなくなってしまった雑誌「文藝春秋デラックス」に連載されたものを本にまとめた作品。

スサノオからはじまり、卑弥呼、持統天皇、小野小町、紫式部、後白河院、淀君、北政所、西鶴、芭蕉、一茶、歌麿、一葉、桂春団治ら田辺さんの好きな歴史上の人物を紹介。半分エッセイで半分小説。紹介される人物は生き生きと動きだし、まるですぐそこで会って話したことがあるように描かれている。

田辺作品らしく考証もしっかりしていて、かわいげのある心憎いばかり人物を生き生きと描いているので、楽しみながら、安心して、歴史上の人物と交遊できる。

「戦後三十年たってみれば、若者は日本の歴史や、古往の人物について、全くなんの愛着も関心も持たないではないか。彼らにあっては母国の歴史は、教科書の中の無味乾燥で煩はん瑣さ な、受験用知識にすぎないのだ。私は、それらをみて胸が痛む。古い代に生きて戦い、恋し、苦しみ、死んだ愛すべき人々が、いまの若者たちの心になんの感動をおこすことなく、打ち忘れられ、かかわりをもたず、歴史に埋没してゆくのを悲しむ。受験用知識の、かわいた記号のきれっぱしとなった人々を惜しむ」(あとがき)

歴史上の人物を通して、若い人たちが、彼ら彼女たちが生きた時代や、ほかの時代の歴史へと興味をつないでいってもらえるような内容となっています。

担当編集者より
こんなにおもしろい歴史&古典案内書はありません。高校生の頃はじめて読み、神話の世界のヒーローから、昭和の落語のスターまで、こんなにおもしろくわかりやすく解説しています。受験の知識として役に立つだけでなく、これらの歴史の人物から、人生とはこう生きるものだということを教えられたような気がしました。ずっと絶版になっていたこの文庫を、田辺聖子の王朝シリーズ第4弾として刊行できたことをうれしく思います。
歴史のなかで打ち捨てられ忘れられた人物と心の交流をしてくだされば幸いです。
目次
夜明けの神々 スサノオ
女王卑弥呼 卑弥呼
女帝行幸 持統天皇
小町盛衰抄 小野小町
石山寺の月 紫式部
後白河院抄 後白河院
淀君と北政所 淀君・北政所
難波すずめ栄華の世盛り 西鶴
詩人の死 芭蕉・蕪村・一茶
歌麿とその女 歌麿
一葉の恋 樋口一葉
絵本・春団治 桂春団治
商品情報
書名(カナ) コキンセイスイショウ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年09月10日
ISBN 978-4-16-790929-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く