作品紹介

「乗客全員をマークせよ」。警視庁副総監の特命を帯び、人気豪華列車「クルーズトレインななつ星in九州」に乗り込んだ十津川警部。乗客を装うために同伴した妻・直子は、豪華な内装に声を弾ませるが、十津川はマークすべき人物が誰なのかさえも分からない。台湾からの旅行客、アメリカ人夫婦、気鋭の歴史学者、外務省の職員……同乗する彼らの目的が、隠された日中の歴史の真実を明かすことだと突き止めるも、想定外の妨害工作が襲う。絶体絶命の危機に、乗客たちの運命は!?

担当編集者より
本作の執筆のために「ななつ星」に乗車した西村京太郎さん。豪華な内装、美味しい料理、最高の車窓の眺め、そして「クルー」と呼ばれる乗務員の行き届いたおもてなしを堪能、「ぜひ、もう一度乗りたい!」と熱望されたほどでした。実際に乗車したゆえの描写は、本書の読みどころのひとつです。
豪華列車の旅情とともに、読者は歴史の断層へも誘われていきます。1945年、太平洋戦争末期――。日中の未来を変えたかもしれない、ある「工作」はなぜ幻に終わったのか。歴史+トラベル+ミステリーの野心作です!
目次
第一章 出発
第二章 ヤルタ会談
第三章 手紙
第四章 戦いの始まり
第五章 日本人は歴史を忘れ中国人は歴史を曲げる
第六章 勝利の秘策
第七章 歴史を守る
商品情報
書名(カナ) ナナツボシ ゴクヒサクセン トツガワケイブシリーズ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年12月10日
ISBN 978-4-16-790973-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く