作品紹介

佐藤愛子といえば、やはり『血脈』!

それは、妻子ある佐藤紅緑が、新進女優を狂おしく愛したことに始まった。
大正から昭和へ、因縁の炎が佐藤家を焼き尽くしていく。
圧倒的迫力と感動の大河長篇。

圧巻の三部作を、読みやすくした新装版で刊行。

【旧版からの変更点】
①人名・地名・難しい字に、ふりがなを増やしました。
②登場人物の系図を、上・中・下巻すべてに、しおりにして挟み込みました。

(中)のあらすじ
昭和9年、四男・久が女と心中を図り、死んだ。サトウハチローとなった長男・八郎は、いまや売れっ子詩人で、あちこちに女を囲っていた。次男・節と三男・弥は相変わらず、親に金の無心を続けている。戦争の足音とともに紅緑に忍び寄る老いの影。敗戦を迎え、節を広島で、弥をフィリピンで失った。ハチローは「リンゴの唄」を始め、次々とヒットを飛ばしていた。息子たちの放蕩から解き放たれた時、紅緑の生命は輝きを失っていく。

商品情報
書名(カナ) ケツミャク チュウ
ページ数 688ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年12月10日
ISBN 978-4-16-790979-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く