作品紹介

くしゃみの止まらない猫のために空気清浄機を買い、「不条理の利用」を女子に説き、寿司屋の看板を見ては「寿司良いなぁ」と涙し、男の優しさの先にある苦くて甘い「取り返しのつかない何か」を時にかじりたくなる……〝壇蜜〟の日常を瑞々しくも不穏な筆致でつづって大反響を呼んだシリーズ、これがまさかの読み納めなのか!? 書下ろし日記第四弾。

真実は本の中!?

各界から絶賛の声!!

予測なし理想なし悲観なし。
誰も真似できない壇蜜的文章作法。──桜木紫乃

屁理屈が優美でズルい。──武田砂鉄

滴るような愛と、なまなましい傷。私はこのひとの猫か魚になりたい。──宮下奈都

担当編集者より
他人の日記を見ることは、それだけで背徳的な気持ちになります。それが、ましてや、〝壇蜜さん〟という類まれなる美しき人の日記であれば、なおさらです。
そして、本書には、予想をはるかに越える驚きがあります。
私たちと地続きのリアルな生活と悩みに大いに共感するとともに、壇蜜さんにしか書けない言葉の威力に、心をわしづかみにされます。「壇蜜日記」を読む快感を、一人でも多くの老若男女の方々に味わっていただきたいです。
目次
2016 夏
正論などはほとんど意味を持たない世界で飯を食う。

2016 秋
願いの権化を報道とテロップが空っぽにする。

2016─2017 冬
権利を主張したら唇が切れた。

2017 春
春の息吹のありがた迷惑さを感じる。

2017 夏
いつの時代も女はいるだけで怖いぞ。

2017 秋
幸せという問いには、保留。

あとがき──壇蜜による直筆メッセージ
商品情報
書名(カナ) ウワサハウワサ ダンミツニッキ ヨン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年01月10日
ISBN 978-4-16-791005-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く