作品紹介

身近な事物の由来と日本の成り立ちが学べる名著

風土、災害、食物、服飾、芸能、方言、気質などをキーワードに、歴史と日常を横断しながら比較する「関西/関東論」の決定版!

担当編集者より
著者は、フランス史にも親しみ、経済史を専門とする碩学です。と同時に、長らく講座派の階級史観が席捲した戦後日本の歴史学界において「異端」の顔も見せています。日本で社会史が注目されるようになったのは、1970年代以降ですが、著者は、戦前から生活史や風俗史に関する数多くの著作を残してきました。本書では、風土、災害、食物、服飾、芸能、方言、気質などをキーワードに、西と東を徹底比較しています。一言でまとめれば、「武士のマネをする江戸」と「サムライ嫌いの大阪」。気軽に読めて知的興奮も味わえる「関西/関東論」の決定版です。
商品情報
書名(カナ) カンサイトカントウ
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年04月20日
ISBN 978-4-16-813016-8
Cコード 0195

著者

宮本 又次

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く