作品紹介

本書は80年代以降、インドで確固たる社会的・政治的影響力を持つに至った「ヒンドゥー・ナショナリズム」を研究した本である。
「ヒンドゥー・ナショナリズム」とは、ヒンドゥー教を背景としたナショナリズムのことであり、90年代に政権を担ったこともあるBJP(インド人民党)がヒンドゥー・ナショナリズム政党として知られている。著者はインドでBJPの下部組織RSS(民族奉仕団)を対象とするフィールドワークを行い、この研究をまとめた。
本書の問題意識は、「ヒンドゥー・ナショナリズム」という言葉に対して、日本人が持つだろう違和感に集約されている。つまり、「ヒンドゥー」というインドの伝統的宗教が、なぜ近代的な概念である「ナショナリズム」と結合するのか? ということである。
近代に入り脱魔術化(ウェーバー)された社会では、宗教の役割は次第に「私的領域」に閉じ込められ、限定されていくとされてきた。それは個人の生活の習慣を支えたり、精神の安定には資するとしても、近代的な国家、社会、共同体において、積極的な役割を果たすことは少なくなっていくだろうと考えられていたのだ。
しかし、「ヒンドゥー・ナショナリズム」という現実は、その枠組みから外れてしまう。インドが遅れている(まだ脱魔術化されていない)から、そのような現象が起きるのだという言説は成り立たない。なぜなら、インドが世界資本主義の一部に呑みこまれていくにつれて、「ヒンドゥー・ナショナリズム」は興隆し、その影響力は増していったからだ。個人の不安や苦悩に応える「ヒンドゥー」がいかに「(ヒンドゥー)・ナショナリズム」というときには激しい反イスラム的あるいは排外主義的な暴力も伴う運動につながっていくのか? 本書はその内在原理に肉迫した、みずみずしい研究である。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
本書は日本の右翼思想を研究してきた中島岳志さんが「ヒンドゥー・ナショナリズム」について20代で書き上げた作品です。伝統的宗教「ヒンドゥー」がどのように「ナショナリズム」と結びつき、過激な暴力へと至るのか? 中島さんはインドでフィールドワークを行い、その答えを探しました。「あとがき」には「『ナショナリズムと宗教』というテーマは、私の青春のテーゼだった。問いを手放すことは、自己を手放すことと同義だった」と当時の思いが吐露されています。著者の原点がここにあります。(HB)
商品情報
書名(カナ) ナショナリズムトシュウキョウ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年06月20日
ISBN 978-4-16-813020-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く