作品紹介

思想と人物を描き出す傑作

その近くで活動を見つめた者だけが知る「日本の知性」の真実――小林秀雄の思想と人物を考える上で必読の、側近による回想録が復刊。

担当編集者より
没後三十年が経った今も依然として人気が衰えない小林秀雄。数々の著作が長く読まれ続けているだけでなく、新たな対談集、講演録などの刊行も続いています。
そんな小林秀雄の人物と思想、そして数々の交友を描き出すのが郡司勝義氏の本書『小林秀雄の思ひ出』です。郡司氏は、小林氏の晩年までその傍につかえ、謦咳に接してきた編集者の一人です。郡司氏を通して本書で甦る小林秀雄の肉声に、ぜひ耳を傾けてみてはいかがでしょうか。(SH)
商品情報
書名(カナ) コバヤシヒデオノオモイデ
ページ数 560ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年06月20日
ISBN 978-4-16-813021-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く