作品紹介

「われわれ日本人は軍人が純粋であったことを忘れてはならないんですよ。
純粋な正義漢たちに国を任せた結果、どうなったのかということをね」

日本ではなぜ会議ばかり開かれるのか。
日本ではなぜ自民党が支持され続けるのか。
太平洋戦争でなぜ日本は惨敗したのか。

今も変わらず、形を変えて現れ続ける「日本病」。
いったい、その根っこには何があるのか。
『「空気」の研究』で日本人を覆う「空気」を鋭く指摘した歴史学者と、
日本人は精神分裂的である、と断じる精神分析学者による白熱の日本人論。
近代日本国家の構造的欠陥と病理をあぶり出し、「病い」克服の道を探る。

担当編集者より
なぜ日本では会議がこんなにも多く開かれるのか。なぜ自民党が支持され続けるのか。太平洋戦争でなぜ日本は惨敗したのか――。あらゆる諸相で形を変えて現れ続ける「日本病」。その病理をめぐって、『「空気」の研究』で知られる歴史学者・山本七平と、日本人は精神分裂病的であると断じる精神分析学者・岸田秀が徹底対論。時代は変われど、病の本質は変わらぬことを実感させるユニークな日本人論です。
目次
唯一神と血縁
教えて治に至る
規範なき社会
明治体制の自己矛盾
純粋信仰
組織と共同体
赤ん坊普遍主義
商品情報
書名(カナ) ニホンジントニホンビョウニツイテ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年02月20日
ISBN 978-4-16-813040-3
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く