作品紹介

文芸批評家として活躍する一方、アメリカが作った戦後憲法や日本の言語空間を鋭く批判し続けた江藤淳による、『閉ざされた言語空間』とならぶ「日本戦後論」の代表作。


全共闘運動や三島由紀夫の自決事件など、遊戯性と虚構性の域を出ない戦後日本の政治運動を「ごっこ」と名指し、公的なものが存在しない日本を批判した「『ごっこ』の世界が終ったとき」(1970年)。また、検閲により一切の批判を封じられ成立した日本国憲法の成立過程を、米国公文書館の史料等を基に検証し、憲法批判がタブー視される時勢のなか、「押しつけ」憲法だと鋭く批判した「一九四六年憲法――その拘束」(1980年)。
占領期から主権回復を果たした日本国内において、アメリカの影響下から脱却できない日本の「言語空間」の問題点を問う、1960年から1980年に発表された6本の論文を収録する評論集。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
アメリカの影から逃れられない戦後日本。その哀しみと怒りをもとに、戦後憲法や日本の言説空間を覆う欺瞞を鋭く批判した20年の軌跡であり、『閉ざされた言語空間』と並ぶ「日本戦後論」の代表作。『永続敗戦論』の白井聡さんが本書を読み直します(TN)。
目次
一九四六年憲法――その拘束
一九四六年憲法――その拘束・補遺

「ごっこ」の世界が終ったとき
”戦後”知識人の破産

憲法と禁圧
憲法と禁圧・再説
商品情報
書名(カナ) センキュウヒャクヨンジュウロクネンケンポウ ソノコウソク
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年04月20日
ISBN 978-4-16-813041-0
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document