単行本
単行本

ベストスマイル補欠になった私

千葉真子

  • 定価:本体1,400円+税
  • 発売日:2004年08月

作品紹介

くじけない人生へのエール!

補欠だっていいんだよ、胸張って走ろう。一度きりの人生だもの。アテネ五輪女子マラソン補欠の著者が綴る、すべての人への応援歌

担当編集者より
今夏アテネ五輪、女子マラソンの日本代表補欠となった千葉真子さんのすべての人に贈るメッセージ集です。実はオリンピックのマラソン競技で、補欠選手が実際の競技で走ったことは一度もありません。つまり、厳しいトレーニングを積んでも、走れる可能性はほぼゼロ。限りなくゼロに近い可能性に賭けて厳しい練習をこなす彼女が、マラソンって何だろう、補欠で走ることの意味はなんだろう、と自問しつつ書いた初エッセイ集。その中にはチームメイトの高橋尚子さんのことや、小出監督の知られざるエピソード、そして千葉さんの苦悩のことも描かれています。とにかく千葉さんは元気いっぱい、何事にもめげない人。あなたもこの本を読んで、彼女の元気を分けてもらってください。
商品情報
書名(カナ) ベストスマイル ホケツニナッタワタシ
ページ数 168ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2004年08月03日
ISBN 978-4-89036-208-0
Cコード C0095

著者

千葉 真子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く