書評

うつくしい後姿が見える本

文: 上橋 菜穂子 (作家/川村学園女子大学助教授)

『藤沢周平 未刊行初期短篇』 (藤沢周平 著)

 印象的なのは、その文章の荒々しさだ。この本に収められている短篇には、後年の、あの簡潔だが、まろみのある文体は、まだ見ることができない。読んでいると、鬱屈するものを胸に抱えた若者が、ひたすら鑿を木に打ちつけ、木っ端を散らして木を穿ち続けるのを見ているような気がしてくる。

 最初の二篇(なんと隠れキリシタン物!)など、藤沢周平がこういう物を書いていたのか、と驚いてしまうほど、文章も展開も荒いし、斬り合いの場面にも、藤沢周平ならではの静かで冴えたリアリティはない。

 けれど、「木地師宗吉」には、ああ、これは藤沢周平だ、と思われる何かが濃厚に立ち上がってくる。力まかせに打ち付けられていた鑿が、打ち付ける、その繰り返しの動きの中で、次第に打つべき線を捉え、余計な木っ端を散らす頻度が減っていく。そして、「佐賀屋喜七」に至っては、これを書いているのは、もはや、まごうことなく「藤沢周平」だと感じられるのである。

 この短篇集を読んでいると、荒い夜風になぶられて飛び去る雲の合間から時折現れる月のように、後年の藤沢周平の、文体や人の描き方、風景描写、場面展開などが、ふいに冴えた光を放つのを見るという不思議な経験をすることになる。

 読みながら、これは怖い本だと思った。こんな風に、作家が成長していった過程が、まざまざと見えてしまう本は、そうないだろう。作家の仕事は、自分が成長していく(あるいは成長できない)過程を、ひとつひとつ人前に晒していく仕事ではあるけれど、それでも、自分の死後、若書きが人目に晒されるのは、私なら真っ平ごめんである。だから、この小文をお引き受けするかどうか、正直なところ、かなり迷った。

 けれど、『未刊行初期短篇』を読み終えたとき、そういう感想とは全く別の思いが、勃然と心に浮かんできたのである。それは、藤沢周平とは、なんとうつくしい人であろうか、という思いだった。

 前半までは、しばしば頭に浮かんできた、ままならぬ人生に苦しみながら書き続けている若者のイメージは、読み終えた時には遠く消え去って、その向こうに、筆を手に、ひたすらに書き続けて生涯を終えた作家の後姿が見えてきたのだ。そして、その姿は、私には、たとえようもなく、うつくしく見えた。

 一人の作家の「序章」として読まれ、遥か遠くまで、ひたすらに道を歩んでいった人の後姿を見せる。本書は、そういう本である。

藤沢周平 未刊行初期短篇
藤沢周平・著

定価:本体1,714円+税 発売日:2006年11月09日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
文春写真館藤沢周平、故郷鶴岡の城に立つ(2009.07.21)
書評ラスト一行の匂い(2012.03.22)
書評『海鳴り〈新装版〉』解説(2013.07.10)
書評海坂城下へつづく道(2014.06.04)
書評解説 言葉で紡ぐ光(2013.12.11)