2018.08.19 インタビューほか

従業員は奴隷ではない──同世代の課題として、書かずにいられなかったテーマ

著者インタビュー 新庄耕『カトク 過重労働撲滅特別対策班』

従業員は奴隷ではない──同世代の課題として、書かずにいられなかったテーマ

PHOTO:榎本麻美(新庄氏の写真)

━━新庄さんは、労働基準監督官を主人公にした今回の『カトク 過重労働撲滅特別対策班』以前にも、デビュー作『狭小邸宅』(不動産業)、第二作『ニューカルマ』(ネットワークビジネス)、と、現代のビジネスの現場を舞台にした小説を発表してきました。なぜこの分野に興味を持たれたのでしょうか?

新庄 私が大学を卒業して社会に出たのは2008年で、リーマンショックの年でした。

『カトク 過重労働撲滅特別対策班』(新庄 耕 著)

 大学生活にはSNSが浸透しはじめていて、そうした新しい社会インフラを利用して個人で自立したり、起業したりする人がいる一方で、終身雇用や年功序列制が崩れ、自分の働き方を自己責任で問われた最初の世代かもしれません。

 同世代には、はあちゅうさんのように時代の波をとらえ、ブロガーとして成功するようなひとがいる一方、大企業の看板や待遇に固執したあまり、就職活動に失敗して自死した同級生がいました。私自身は最初に入社したリクルートや、その後の会社でひどい目に遭ったことはありませんが、自分たちの世代の課題として、このテーマを選んだところはあります。

【従業員は奴隷ではないということにブラック企業の経営者は気づくべきだ】>>


カトク新庄 耕

定価:本体800円+税発売日:2018年07月10日