特集

ガリレオ再始動! 東野圭吾、最新長編『沈黙のパレード』が完成。「あなたが一番好きな“ガリレオ”」大募集

文: 秋月透馬 (文藝出版局)

ガリレオ再始動! 東野圭吾、最新長編『沈黙のパレード』が完成。「あなたが一番好きな“ガリレオ”」大募集

ガリレオとしては6年ぶりとなる単行本『沈黙のパレード』が10月11日、いよいよ発売となります。 刊行を迎えるにあたって、書影を初公開し、本日から、「あなたが一番好きな“ガリレオ”」というアンケート企画をスタートします。 ガリレオシリーズは、1998年のシリーズ第1作『探偵ガリレオ』から始まりました。 誕生から、20年──。 これまでの8作と新作『沈黙のパレード』から、「マイ・ベスト・ガリレオ」を教えてください。

>>キャンペーン概要はこちらから

「『ガリレオ』は難しい」

「『ガリレオ』は難しい」というセリフを、東野さんから、何度も聞いてきました。

 ストーリーテリング、登場人物が魅力的なのは当たり前。さらに、「科学トリックを駆使したミステリー」という制約が加わるからです。

 湯川が「そんなことはあり得ない」と唸るほど意外で、かつ現実的に起こりうるトリックでなくてはならないのです。

約730枚の壮大な長編。「容疑者は彼女を愛したふつうの人々」

 新作『沈黙のパレード』は、約730枚の壮大な長編書下ろし作品です。前作の文庫版『禁断の魔術』から、少し時が経ったという設定である本作。

 突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。

 殺害方法は? アリバイトリックは? 超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

 湯川だけではなく、名刑事である草薙、内海薫が勢ぞろいし、謎に迫ります。

「読者が楽しめる小説を、自分自身が楽しんで書くこと」>>



こちらもおすすめ
ニュースガリレオ誕生20周年&『沈黙のパレード』刊行記念キャンペーン(2018.09.11)
沈黙のパレード東野圭吾

定価:本体1,700円+税発売日:2018年10月11日

禁断の魔術東野圭吾

定価:本体660円+税発売日:2015年06月10日

虚像の道化師東野圭吾

定価:本体700円+税発売日:2015年03月10日

真夏の方程式東野圭吾

定価:本体760円+税発売日:2013年05月10日

聖女の救済東野圭吾

定価:本体700円+税発売日:2012年04月10日

ガリレオの苦悩東野圭吾

定価:本体670円+税発売日:2011年10月07日

容疑者Xの献身東野圭吾

定価:本体670円+税発売日:2008年08月05日

予知夢東野圭吾

定価:本体620円+税発売日:2003年08月01日

探偵ガリレオ東野圭吾

定価:本体660円+税発売日:2002年02月08日