書評

スーさんの魔法の筆から繰り出される言葉の数々に、してやられる快感

文: 中野信子 (脳科学者)

『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(ジェーン・スー 著)

『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(ジェーン・スー 著)

 たいてい文庫の解説というと、中野の場合「脳科学的に見て」という観点をその中にちりばめることを求められるのですが、今日はそんな肩の凝るような立場からではなく、スーさんに憧れる同年代のただの女子(敢えて言おう、女子であると……!)として、この解説を書いてみようと思います。

 スーさんと私が話をするとき、私たちはお互いの呼び方についてそこはかとない戸惑いを感じながらやりとりをしています。まるでどちらかが転校生ででもあるかのようなぎこちなさを解消しようという努力はどちらからともなく回避され、敢えてそれを残したまま、不思議な距離感で話をするのです。この感覚はそう悪いものではなく、私にはどこか新鮮で懐かしく感じられ、自由で、心地よかったりもします。



こちらもおすすめ
書評これを書いているのは自分ではないか? 共感を呼ぶジェーン・スーの品定め(2016.08.16)
インタビューほか新刊発売記念 本にまつわる四方山話 ジェーン・スー×春日太一(2016.07.06)
女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。ジェーン・スー

定価:本体600円+税発売日:2018年11月09日