インタビューほか

ベストセラー『反日種族主義』への日本からの応答! 反日を煽った日本人とは?

久保田 るり子

『反日種族主義と日本人』(久保田 るり子)

『反日種族主義と日本人』(久保田 るり子)

 韓国人の学者たちが韓国国民に向けて書いた『反日種族主義』の副題は、「大韓民国 危機の根源」であった。韓国社会における「反日」はその是非を問われることなく、長きにわたって無条件に韓国人を縛り付けてきた。善か悪か、正義か不正義か、理性か感情か、そうした価値観では、少なくとも公の場所で「反日」を覆すことはできない。「反日」とは、韓国では絶対的な価値観であり、歴史観だと言えるだろう。

 それだけに、最大のタブーである「反日批判」に真っ向から挑戦した『反日種族主義』という本の登場は、韓国社会に大きな衝撃を与えた。2019年7月に出版された同書は韓国でベストセラーとなったが、李栄薫氏をはじめとする執筆グループや彼らを支える支援者たちの闘いは始まったばかりで、むしろこれからがより茨の道になるだろう。それでも韓国人が「反日の歴史観」を乗り越えなければ、大韓民国の本当のアイデンティティーを獲得できないという確信が、彼らにはある。

 その『反日種族主義』の日本語版(李栄薫編著、文藝春秋、2019年刊)の副題は、何の違和感もなく「日韓危機の根源」に決まった。日本人が実感しているのはまさしく「日韓関係の危機」の方である。それは「反日種族主義」が日韓関係の基本的な法的基盤を棄損し、指導者同士の信頼関係を破壊し、日米韓の軍事的な安全保障さえも危うくしているからだ。

反日種族主義と日本人久保田るり子

定価:本体880円+税発売日:2020年04月20日


 こちらもおすすめ
インタビューほか韓国に蔓延する「確証偏向症」の正体とは(2020.01.22)
ニュース『反日種族主義』日本の部数が20万部突破(2019.11.18)
書評北朝鮮が暗殺対象の1位に挙げている元外交官が暴露した「核開発」の行方(2019.10.14)