作品紹介

オードリー若林、待望の新エッセイ集!
『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。
雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた、「自分探し」完結編!

ゴルフに興じるおっさんなどクソだと決めつけていた。
恥ずかしくてスタバで「グランデ」が頼めない。
そんな自意識に振り回されて「生きてて全然楽しめない地獄」にいた若林だが、四十を手前にして変化が訪れる――。

ゴルフが楽しくなり、気の合う異性と出会い、あまり悩まなくなる。
だがそれは、モチベーションの低下にもつながっていて……

「おじさん」になった若林が、自分と、社会と向き合い、辿り着いた先は。

キューバへの旅行エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』では第三回斎藤茂太賞を受賞。
「生き辛い」と感じている全ての人に送ります。

目次
まえがき

「再開します」「ラウンドデビュー」
「一人で平気なんですけど」「自分の正解」
「深夜何する?」「野心と欲望」
「大人の授業」「現実を生きるための」
「男性ホルモン?」「2009年とぼくと」
「苦労を知らない子どもの30年後」「まえけんさん」
「片頭痛」「鍼の効能」
「なぜ、こんなに怖いの」「キューバへ」
「机に座って考える?」「お悩み相談」
「僕は紅茶を「野みたい」か?」
「ヌードルハラスメント」「トム・ブレイディ」
「おっさんはホスト」「47年おつかれさまでした!」
「ベストスコア」「SOBA」
「オリジナル」「いいね!と草野球」
「デスマッチ」「耳に痛い話」
「逃げる正論」「言葉の熱湯」「花火」
「凍える手」

「ナナメの殺し方」
「AI VS オードリー」
「いるにはいる異性」
「片頭痛」
「体力の減退」

あとがき

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る