作品紹介

誰にも「助けて」と言えない。
圧倒的リアリティで描かれる貧困女子の現実。


文房具メーカーで派遣社員として働く二十六歳の水越愛。
派遣期間の終了とともに正社員になるはずだったが、
会社の業績悪化で職自体を失う。
失業保険を受けながら求職活動をするがうまくいかない。
家賃よりも食費を選び、ついにホームレスになってしまう。

漫画喫茶に寝泊まりしながら日雇いの仕事でお金を稼ぎ、
また前の生活に戻ることを目指して日々をやり過ごす愛だったが、
同じ境遇の女性に誘われ「出会い喫茶」に行くことで、自意識が揺らぎはじめる。
生きるために「ワリキリ=売春」をやるべきなのか。
ここまで追いこまれたのは、自己責任なのだろうか。

普通に大学を卒業し、真面目に勤めていた女性が、
またたくまに貧困に呑み込まれていき、抜け出せなくなる。
貧困女子に必要なのは、お金だけなのか?
自らの体験をもとにした、著者渾身の長篇小説。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る