作品紹介

「そういうおまえが愛しうて、こういう眼になってしまうのだ。博雅よ」(「さしむかいの女」)

シリーズ開始から30年を迎えた、稀代の陰陽師・安部晴明と心優しき笛の名手・源博雅が活躍する600万部超の人気シリーズ第16巻。

【目次】
「傀儡子神(くぐつがみ)」桜を愛で酒を呑む晴明と博雅。そこへ道満が木偶を持ってやって来る。
「竹取りの翁(おきな)」老母が山にでかけたまま消えて五年。妻が目が痛いと訴え……。
「さしむかいの女」兄弟子に頼まれた晴明は三日間目を覚まさない男のもとへ向かう。
「狗(いぬ)」女の童をつけ狙う白い狗。道満は童と狗を離すように忠告したのだが……。
「土狼」姿を見せずに人の足を喰うものの正体を、晴明が突き止めると……。
「墓穴(つかあな)」雨宿りするために入った墓穴で、男は鬼と出会った。
「にぎにぎ少納言」毎夜あらわれては少納言の右手ばかり噛む女の正体とは。
「相人(そうじん)」僧の登照は、夜道をゆく博雅の笛の音を聴いて死相を感じた。
「塔」比叡山の僧・玄珍は、奇妙な夢を見た。
「露子姫」薄紫色の衣を来た女性が、露子姫の夢に出て歌を詠むのだが……。
「月を飲む仏」巨大な薬師如来を目撃した晩、博雅の夢に美しい女が現れる。
「蝉丸」逢坂山で独り暮らす蟬丸は自然の中で琵琶を弾く。

著者略歴:1951年神奈川県生まれ。77年「奇想天外」に「カエルの死」を発表し作家デビュー。『餓狼伝』『魔獣狩り』『キマイラ』『陰陽師』シリーズで人気を博す。89年『上弦の月を喰べる獅子』で第10回日本SF大賞、98年『神々の山嶺』で第11回柴田錬三郎賞受賞。2011から12年にかけて『大江戸釣客伝』で第39回泉鏡花文学賞、第5回舟橋聖一文学賞、第46回吉川英治文学賞受賞。2017年、第65回菊池寛賞受賞、2018年に紫綬褒章受章。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
目次
傀儡子神(くぐつがみ)
竹取りの翁
さしむかいの女
狗(いぬ)
土狼(どろう)
墓穴(つかあな)
にぎにぎ少納言
相人(そうじん)

露子姫(つゆこひめ)
月を呑む仏
蟬丸(せみまる)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る