作品紹介

本書は五年前に亡くなった高倉健が〝最後に愛した女性〟小田貴月さんによる初の手記です。

海外のホテルを紹介するフリーライターだった貴月さんは、
香港で偶然、健さんと出逢います。1996年のことです。
1年ほど文通が続いた後、貴月さんが仕事でイランへ出発する日の朝、二人は〝急接近〟します。
成田行きのリムジンバスに乗ると、健さんから携帯電話に連絡が入りました。
「後ろを見て!」。振り向くと、敬礼のポーズをとる高倉健の姿があったのでした……。
そしてイランのホテルには、健さんから毎晩のように国際電話が入りました。
貴月さんは帰国後、健さんの〝伴奏者〟としての道を選び、それは健さんを看取るまで続きました。
〝孤高の映画俳優〟というイメージを崩さないため、外で会うことは一度もなし。
彼女は健さんのために家で毎日食事をつくり、ロケの支度をするなど身の回りの世話を焼き、
そしてたくさんの会話を重ねたのでした。

本書では、貴月さんに直接語った〝言葉〟により、健さんの真の姿を浮き彫りにします。

目次
第1章 高倉健への旅のはじまり
香港での出逢い/伴奏者への覚悟……

第2章 時を綯う――寄り添った日々
食卓八ヵ条/高倉流空腹度数……

第3章 言葉の森――作品、共演者、監督のこと
江利チエミさん/南極物語……

第4章 Takura's Favorite Movies
ローマの休日/ロッキー/マディソン郡の橋……

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る