作品紹介

この国に生きる、かつて少女だったあなたへ。

物置倉庫で育った姉妹は、朝の訪れを待ちわびた。
幾つもの暗闇を駆け抜けた先に、少女がみつけた希望とは──。


初めて挑戦する小説表現。
これまで書いてきた「売春少女」「貧困女子」のルポルタージュの延長線上には
絶対留まらぬこと、かつモデルになった少女らの尊厳に責任を持つことを念頭に
書き進めたが、里奈やその仲間たちの生きる熱量に焦がされ、背中を押す力強さを
感じながら、書き上げることが出来た。それはノンフィクションとは違う
血の滾る執筆経験だった。
彼女たちの生き様は、生きづらい今を生きるあらゆる女性に、
力を与えてくれるものと思う。
この国の、かつて少女だったすべての女性に、この物語を捧げたい。

by 鈴木大介

目次
第一章 倉庫育ちの少女
第二章 児童養護施設・六恩園
第三章 15の旅立ち
第四章 職業、売春
第五章 ヤクザ森永
第六章 少女たちの独立
第七章 喪失の果て
第八章 帰郷

著者

鈴木 大介

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る