作品紹介

THE ALFEEリーダーとして数々のラブソングを手がけ、小説家・髙見澤俊彦として贈る大人の愛の物語!

大企業の重役を務める直樹と妻の有希恵は1週間のミュンヘン旅行にでるが、本当の目的は、留学中の娘に帰国を促すこと。だが、いざドイツに下り立った直樹の心を占めるのは、30年前の大学生時代、ドイツ留学中に出会った恋人のアンナの面影ばかり。心ここにあらずの夫の隣で、有希恵もまた秘密を抱えていた。実は不倫相手の島村と滞在日程が重なるように示し合わせていたのだ。そして、娘の一恵にも、両親の訪問中に打ち明けるべきか否か悩んでいる、ある秘密があった……。

同じ家に暮らしていてもすれ違う親子、同じベッドに寝ていても心は離れ離れの夫婦。そんな3人が旅先だからこそさらけ出される互いの心に揺れ動く1週間を、しっとりと描き出します。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
デビュー作『音叉』はロック弾ける青春小説でしたが、第2作はまた新境地、寂しい大人たちの心模様を繊細に綴ります。髙見澤さん自身が何度も訪れたというドイツの風景描写も注目です!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る