作品紹介

【昭和29年、大阪を襲う連続猟奇殺人】
デビュー作『へぼ侍』が松本清張賞、
日本歴史時代作家協会賞新人賞の二冠!

実在した「大阪市警視庁」を舞台に新鋭が放つ
戦後史×警察サスペンス


【あらすじ】
昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が
頭に麻袋を巻かれた刺殺体となって見つかる。

大阪市警視庁が騒然とするなか、
若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、
上層部の思惑により国警から派遣された警察官僚の守屋と組むはめに。

帝大卒のエリートなのに聞き込みもできない守屋に、
中卒叩き上げの新城は厄介者を押し付けられたといら立ちを募らせる――。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
デビュー作『へぼ侍』で西南戦争をフレッシュに描いた松本清張賞作家・坂上泉さんの待望の第二作はなんと戦後の大阪を舞台にした警察小説。
戦後大阪の街の様子が人々の風俗、言葉までリアリティたっぷりに描かれ、叩き上げとエリートの刑事バディものとして最高に面白いです。
そして、時代の影で忘れられていた事実を骨太なエンタメとして昇華させたスケールの大きさ。ぜひご注目ください!
目次
第一章 真空地帯
第二章 合同捜査
第三章 八百八橋
第四章 罪証隠滅
第五章 赤い夕日
最終章 王道楽土

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る