作品紹介

【戦国最大の激戦地「京都」をめぐる「仁義なき戦い」!】

「都には魔物が棲んでいる」
応仁の乱から室町幕府の終焉まで、
裏切りと戦乱の坩堝と化した京に魅入られ、
果てなき争いに明け暮れた
7人の男たちの生きざまを描く連作集。

「黎明の王」……遊女腹と蔑まれて育った畠山義就が最初の戦国大名となるまで。
「天魔の都」……修験道にのめり込む奇人・細川政元はいかにして絶対権力を握ったか。
「都は西方に在り」……西国の「大器」・大内義興が混迷の京都へと引きずりこまれる。
「凡愚の見た夢」……天下を取った凡愚・細川高国の栄光と破滅。
「華は散れども」……法華一揆に参加した商人の平三郎が見た戦場の地獄。
「雲上の剣」……己の力で幕府の権威を取り戻すため剣豪将軍・足利義輝が都の魔物に挑む。
「夢幻の都」……流浪の果てにも失わなかった最後の将軍・足利義昭の意地。

担当編集者より
応仁の乱以来、100年に渡って各勢力による泥沼の争いが繰り広げられた京都。
まさに「仁義なき戦い」を地で行く時代に戦いと裏切りに明け暮れた男たちを、いまの歴史時代小説を牽引する天野純希さんが書きました。
“京都の魔物”の恐ろしさをぜひ味わってみてください。
目次

黎明の王(畠山義就)
天魔の都(細川政元)
都は西方に在り(大内義興)
凡愚の見た夢(細川高国)
華は散れども(椿屋平三郎/法華宗徒の商人)
幕間一
雲上の剣(足利義輝)
幕間二
夢幻の都(足利義昭)
終章

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る