作品紹介

料理が下手でフラれた私。
嫌いな言葉は「料理は愛情」――

料理嫌いな優花は、ずっと好きだった真島に高級バレンタインチョコを渡すも
「好きな人に手作りチョコをもらったから」と振られてしまう。
真島が憧れていた相手は料理教室の先生だった。
その日から、彼女の格闘と迷走が始まった!
自炊に挑戦し、料理男子と合コンし、初めて「みりん」を購入するも
料理が上達するどころか好きにもなれずに苦悩する日々。
“料理は愛情”というけれど、料理が嫌いな優花の愛情は一体どこに――⁉

目次
冬、ホッキョクグマの解体
春、腹黒いミイラを干す
夏、みりんへの解けない疑い
秋、覆すアンチタピオカ
再び冬、 チョコ炎上

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る