作品紹介

魔都上海で交錯する過去の愛と現在の恋

東京の生活に疲れ、上海に留学したが、行き詰まりを感じる有子。そこに大伯父の幽霊が現れる……。2つの世界が交錯する異色小説

担当編集者より
東京の日常に疲れ果てた有子は、編集者の仕事も恋人も捨て、上海留学する。新世界で生まれ変わろうと思った有子だが、心の空洞は埋まらない。ある日、彼女のもとに、70年前上海に来た大伯父・質(ただし)の幽霊が……。物語は、有子、恋人の松村、質、その恋人の浪子の4人の視点で語られます。各々の関係の果てに何があったのか。「新しい世界で、新しい生活が始まるなんて幻想だ」という質。新世界がない以上、どんなに困難でも、人間は、世界の果てか、そこを世界の真っ只中に変えて生き抜くのです。(YN)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る