2013.12.04 書評

ゴルフには
「メンタル」という魔物が棲んでいる

文: 永田 玄 (編集プロダクション主宰)

『ゴルフに泣かされた夜あなたが心にきざむスコアメイクの具体策』 (永田玄 著)

 私は42歳でゴルフを始めましたが、スタートが遅かっただけに「上達への最短距離を走りたい」という焦りにも似た思いに突き動かされてきました。さしたる運動経験もなく、体格にも恵まれず、時間やお金にも限りがあるなかで「上達への抜け道探し」を模索するうち、先輩方からのアドバイスや自分で気づいたことをメモに残すようになりました。昨秋刊行した『ゴルフに深く悩んだあなたが最後に読むスウィングの5ヵ条』は、それらのメモをもとに、ボールを狙った方向に真直ぐ運ぶためのスウィングを言語化した技術書でした。

 ゴルフのレッスン書というと写真やイラストレーションがつきものですが、あえてそれらを一切使わずに言葉だけでスウィングのメカニズムを解明しようとしたのは、ゴルフには言葉をめぐる誤解があまりにも多いことを実感したからです。一例をあげましょう。誰もがレッスンプロに「クラブを挙げて」と言われた経験があるかと思います。しかし正しくは、クラブは挙げるものではなく、上体を捻転させた結果としてクラブが「挙がる」のです。慎重に言葉を選びながら、ゴルフのスウィングという実に複雑な動きを、「立つ」「捻る」「遠心力」「管理」「連動」という五つの言葉だけでアタマと身体にしみこませることに腐心しました。

 幸いこの前作には望外の反響をいただき、私自身もゴルフがわかってきたような気になっていました。ところが実際には、ゴルフの奥深さをまったく理解していなかったことがわかりました。ある試合で105という近年にない大叩きをしてしまったのです。前日の練習ラウンドでは75だったにもかかわらず、歯車が一度狂うと30打も余計に叩いてしまうのがゴルフの難しさなのでしょう。そして身が震えるほどの屈辱に苛まれながら思い至ったのは、ゴルフにはテクニックとは別の「メンタル」という魔物が棲んでいるということでした。

 2作目にあたる『ゴルフに泣かされた夜あなたが心にきざむスコアメイクの具体策』では、すべてのゴルファーが持てる力を存分に発揮するための注意点を、メンタル面に重点をおいてまとめました。

【次ページ】

ゴルフに泣かされた夜あなたが心にきざむスコアメイクの具体策
永田 玄・著

定価:800円+税 発売日:2013年11月13日

詳しい内容はこちら