2011.02.14 文春写真館

偉大なボスとして君臨した久保田万太郎

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

偉大なボスとして君臨した久保田万太郎

 日本海 みたきねがひや 冬ごもり 久保田万太郎

 〈冬の日本海、雪の秋田・象潟海岸にて。取材でこの地を訪れた久保田は「暗い、険しい、しかも哀しい日本海を、私はみたかったのだ」と洩らす〉(「諸君!」平成十四年=二〇〇二年三月号)。昭和二十九年(一九五四年)十二月撮影。

 「湯豆腐や いのちのはての うすあかり」の句で有名な久保田万太郎は、明治二十二年(一八八九年)生まれ。浅草の商家に育ち、下町の消え行く文化を小説に残した。また、俳句、劇作でも多数の作品を残した。

 〈昭和二十七年、永井荷風が文化勲章を受章したが、選考委員会で荷風を強く推したのは若き日、慶応義塾で荷風の授業に胸ときめかせていた久保田万太郎だった。(略)当時、久保田万太郎は、文化勲章の選考委員をつとめ、(略)文壇、劇壇、俳壇に強い影響力を持ったいわば“ボス”だった〉(同誌・川本三郎「蔵出し写真館」「“ボス”の住処」より)

 昭和三十八年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004