インタビュー・対談

[特別インタビュー]
浜田 満 建英には“バルサスタイル”がある

『おれ、バルサに入る!』久保建史

聞き手: 「本の話」編集部
[特別インタビュー]<br />浜田 満 建英には“バルサスタイル”がある

浜田 満(はまだ みつる)
1975年、奈良県生まれ。(株)Amazing Sports Lab Japan代表取締役。関西外国語大学スペイン語学科卒業。自身も高校時代までサッカーに打ち込む。現在はスペイン、イタリア、英語の三か国語を操り、FCバルセロナ、ACミラン、アーセナル、ユベントスなど欧州ビッグクラブのライセンスビジネスやマーケティングに携わる。久保建英君のマネジメント業務の他、サッカーサービス社と指導者クリニックを行うなど、ここ数年は選手育成業務に力を入れる。著書に『サッカービジネスほど素敵な仕事はない』(出版芸術社)。

建英君がバルサに入団するきっかけとなったのが、日本で開催されるバルサキャンプへの参加だった。キャンプを主催し、現在も建英君のマネジメントを行っている浜田 満さんに、彼の何が凄いのかを分析してもらった。

――バルサキャンプで初めて建英君を見た時の印象は、いかがでしたか?

浜田 やっぱり質が違っていましたよ。バルサコーチが「凄いやつがいる」と、僕を呼びに来たぐらいですから(笑)。 

でも、むしろ最近の方が印象が強い。どんどん凄さを増しているという感覚です。

――凄さ、と言いますと?

浜田 サッカーの場合、試合の間ずっと自分の得意なプレーや効果的なプレーをし続けることは、もちろん不可能です。チームにとってプラスに働くプレーの回数をいかに増やしていけるか、が良い選手になれる近道なんですね。建英はまだまだ子どもですし、向上すべき点もありますが、この1年で無駄なプレーが減り、チームにとって効果的なプレーをする回数が増えました。目で見て、明らかにわかりますよ。

何よりも、つくづく「よくバルサのカンテラ(下部組織)に入ったな」ということ。本当に運も良かったですよね。建英が入った直後、僕は今後建英に続く子が出てくるだろう、と考えていた。でも、最近は「そう簡単に二度目は実現しないかもしれない」と思っています。

バルサのカンテラに外国人が入るには、育成部門の責任者全員、加わるチームのカテゴリーのコーチなどを含めて全員がOKを出さないとだめなのです。これはめったに起こることではありません。

というのも、バルサでは外国人と地元出身者の扱いが、はっきりと分けられているからです。外国人を獲得するということはバルサにとってもの凄くリスクが高いのです。当然ですよね。小学生が家族と一緒にスペインに移住するわけですから。そのため、ある程度将来が約束されていなければ、バルサが入団を認めることはないのです。最終的なテストはカンテラでの練習参加ですが、その時に地元出身の選手たちと同じレベルでは入団できない。2ランクは上でなければ難しいと思います。

――浜田さんは建英君が入団するまで、常に挑戦の場に付き添っていたわけですが、最初から「行ける」という確信がありましたか?

浜田 正直、入れるとは思っていませんでした。メッシですら13歳からの入団ですよ。バルサキャンプで建英がMVPになり、特典としてベルギーでの大会に参加した時も、まだ入れるとは思っていませんでした。そこで再びMVPになったわけですが、それでもテストが受けられる保証はありません。カンテラでのテストが決まった時、初めて「これで行けるんじゃないか」と思いました。それでも、「13歳になるまで、毎年バルセロナに来てプレーを見せてね」と言われるだろうと予想していたのです。

ですから、テストの2週目だったかに、バルサ育成部門の責任者が、「タケフサ、君は今日からFCバルセロナの選手だ」と告げた時、横にいて通訳をした僕も鳥肌が立ちましたよ。

おれ、バルサに入る!
久保建史・著

定価:1260円(税込) 発売日:2012年05月26日

詳しい内容はこちら

『おれ、バルサに入る!』特設サイトはこちら