2013.09.24 文春写真館

長谷川伸は、多くの門下生を育て上げた

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

長谷川伸は、多くの門下生を育て上げた

「沓掛時次郎」などの作品をはじめ「股旅物」というジャンルを作り上げた長谷川伸は、本名長谷川伸二郎。明治十七年(一八八四年)、横浜に生まれる。実母は夫の放蕩が原因で伸が三歳のとき、家を出た。家が貧しく、小学校三年生で中退して船渠に勤めるようになる。住み込みの使い走りなどするうちに、港に落ちている新聞のルビを読んで漢字を覚えた。大工や石屋の見習いを経て、好きだった芝居の劇評を新聞に投稿し、それが縁で明治三十六年、新聞社に雑用係として雇われる。明治三十八年、徴兵され、除隊後横浜毎朝新報に入社。明治四十四年、都新聞の記者となり、演芸欄を担当する。

 大正の初め、山野芋作の名前で小説を発表し、大正十三年(一九二四年)から長谷川伸として作品を描く。

 大正十四年、都新聞を退社、作家活動に専念するが、小説が書けなくなり、脚本を手がけるようになる。そして「沓掛時次郎」などヒット作を手がけ、劇作家としての地位を築いた。昭和八年(一九三三年)には、名作「瞼の母」の主題となった実母と再会を果たした。

 昭和十五年、村上元三、山岡荘八、山手樹一郎らと十五日会を結成。これがのちの勉強会「新鷹会」の母体となる。「新鷹会」の門下生には、長谷川幸延、戸川幸夫、平岩弓枝、池波正太郎、西村京太郎、武田八洲満など俊英が名を連ね、多くの直木賞作家が輩出した。昭和三十八年没。写真は昭和三十六年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004