2010.10.12 文春写真館

映画とともに生きた淀川長治

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

映画とともに生きた淀川長治

 淀川長治は明治四十二年(一九〇九年)生まれ。ユナイテッド・アーチスツ大阪支社に入社後、昭和十一年(一九三六年)に来日したチャップリンを取材し、チャップリン評論の第一人者となる。

 戦後「映画之友」編集長となる。このとき、部下に後に映画評論家となる小森和子、また写真部長に芸能人の撮影で有名となる早田雄二がいた。テレビ朝日系の「日曜洋画劇場」の解説を長年つとめ、独特の語り口で人気を博した。とりわけ、最後に番組を締めくくる「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」の連呼が、流行語となった。

〈わたし、映画でほんとに勇気づけられたんです。ロイドの「危険大歓迎」という映画ありました。ウェルカム・トラブル、「苦労こい」と。ああ、これ持たなァ、あかんなと思ったんですネェ。人みしりがきつくて、内気なもンが、映画でしらんまに、元気になりましてな……〉(「週刊文春」昭和四十五年十月十二日号)

 映画とともに歩んだ人生だった。平成十年(一九九八年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004