文春写真館

“毒舌”今東光の破天荒人生

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部
“毒舌”今東光の破天荒人生

 今東光は明治三十一年(一八九八年)生まれ。日本郵船の船長だった父の仕事の関係で、各地を転々とする。ヤンチャが過ぎて、兵庫県立豊岡中学を退学処分となるが、独学で文学を学び、ニセ学生として東大の講義も受けた。

 川端康成の知己を得て、第六次「新思潮」創刊に参加。また谷崎潤一郎を師と仰いだ。新感覚派として出発したが、既成文壇から離れ、昭和五年(一九三〇年)仏門に入り、比叡山で修行する。

 その後、プロレタリア文学に傾倒したが、これとも袂を分かつ。また心臓を患ったこともあり、戦災で既成文壇を離れるが、昭和二十六年大阪・八尾の天台院住職となってから、文壇に本格的に復帰する。

 写真は昭和三十三年の新年会で撮影された。昭和三十二年『お吟さま』で直木賞を受賞。一連の「河内もの」が、次々と映画化されるなど、人気を博す。また、毒舌で知られ、人生相談でも鋭い切れ味を見せた。

 昭和五十二年(一九七七年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004