レビュー

巨額のカネが、製薬会社から医師に流れ込んでいた!

『新薬の罠 子宮頸がん、認知症…10兆円の闇』 (鳥集徹 著)

文: 鳥集 徹

 一昨年来、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)の事件がメディアの注目を集めています。断続的な痛みや関節の腫れ、運動障害、記憶障害といった重い副反応(副作用)を訴える少女が多発し、厚生労働省は定期接種が始まってわずか75日で、積極的な接種推奨の一時中止を決めました。

 実はこのワクチンには承認前の審議会で、未知の免疫増強剤が添加されていることに対する懸念や、がんを予防した実績がないのに有効性を認めることについて疑問視する声がありました。にもかかわらず、なぜ、専門家、政治家、マスコミは、そのリスクを慎重に検討することなく、早期承認、公費助成、定期接種と、性急な普及推進に走ってしまったのか。その背景には、巨額のカネやヒトを介したワクチンメーカー(製薬会社)との近過ぎる関係があったのです。

 ワクチン推進派の医師たちは、製薬会社からサポートを受けて、ワクチンのセールスマンと見まがうような働きをしていました。また、政治家やマスコミも、製薬会社や推進派医師らの働きかけを受けて、ワクチンの普及を後押ししました。あまりに製薬会社との距離が近過ぎたために、ワクチンの有効性を過大評価し、リスクを過小評価したと言わざるをえない状況に陥っていたのです。

 子宮頸がんワクチンの事例だけではありません。医療界には製薬会社から、研究費や寄附金、講演料、原稿料、顧問料、監修料といった名目で、巨額のカネが流れ込んでいます。その額は毎日新聞の集計によると、2012年度に大学病院などに入った奨学寄附金だけで、約346億円にものぼっていました。こうした製薬会社からの資金提供が、ほんらいあるべき医療の姿を大きく歪めてしまっているのです。

 たとえば、その代表的な事例が高血圧やコレステロールの基準値です。学会が定めた基準値に対して、たくさんの専門家が「厳し過ぎる」と批判してきました。「病気」とされる数値の線引きが低過ぎるために、健康診断を受けた人の多くが「病人」にされてしまい、ほんらい必要のない人までが降圧薬やコレステロール低下薬を飲まされてきたのです。その厳し過ぎる基準値の設定には、「製薬会社の思惑も絡んでいる」とささやかれてきました。

【次ページ】

新薬の罠 子宮頸がん、認知症…10兆円の闇
鳥集徹・著

定価:本体1,600円+税 発売日:2015年05月23日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
レビュー真摯な取材の積み重ねで 立証の矛盾が明かされる瞬間(2015.02.11)
レビュー〈セカンドオピニオン外来〉開設 ――慶応病院の後輩から届いた手紙(2015.01.15)
レビュー勘三郎さんは 「がんで亡くなった」のではない(2013.05.01)
レビューもはや「医療先進国」ではない日本(2011.03.20)
インタビュー・対談テレビじゃ言えない医療、健康のタブーとウソ 中原英臣×白石真澄(2008.07.20)