2012.10.29 文春写真館

「球界の寝業師」根本陸夫は裏で仕事をした

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「球界の寝業師」根本陸夫は裏で仕事をした

「球界の寝業師」と呼ばれた根本陸夫は、大正十五年(一九二六年)、茨城県水戸市に生まれる。旧制日大三中で藤田省三の指導を受ける。戦後、日大専門部に進み、東都大学野球で首位打者を獲得。法政大学、川崎コロムビアを経て、近鉄に入団する。ただし、選手生活は四年で終わり、目立った活躍はできなかった。近鉄のスカウト、コーチを経て、昭和四十二年(一九六七年)、広島のコーチに就任。翌年、監督となり、万年Bクラスだった広島を初めて三位に導く。衣笠祥雄、山本浩二ら後の主力選手を育成し、広島の黄金時代の礎を築いた。

 昭和五十三年、クラウンライターライオンズの監督に就任。シーズン終了後、西武の買収にともない、西武ライオンズ監督となる。田淵幸一ら阪神タイガース選手との大型トレードを成立させ、またドラフト制度の盲点を突く豪腕を発揮して、有力選手を獲得。監督退任後、管理部長に専念し、西武は広岡監督、森監督の下で黄金時代を実現した。

 平成五年(一九九三年)、ダイエーの中内功社長に呼ばれてダイエー(現ソフトバンク)ホークス監督に就任。翌年監督を退任し、専務となる。後任に王貞治を招聘し、ホークスを実力、人気を兼ね備えたパ・リーグの強豪に育てた。現役監督としては広島で一度三位があるだけで、残りの十シーズンすべてBクラスに終わったが、広島、西武、ダイエーの事実上のゼネラル・マネージャーとして手腕を発揮した。

 根本はダイエーホークス監督時代、こう述べている。

<僕はもともとわがままな奴だから、表側の店舗で仕事をするのが下手なんですよね。好きじゃないわけ。裏なら自分のペースで、非常に計算が立てやすいからね。裏では行ったり、来たり、戻ったりもできるけど、表は要求される時間で結果を出していかなきゃならない。それはあんまり好みじゃないんですね>(「週刊文春」平成六年九月八日号)

 平成十一年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004