2010.08.09 文春写真館

奥村土牛は大器晩成だった

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

奥村土牛は大器晩成だった

 奥村土牛は明治二十二年(一八八九年)生まれ。親の理解から若くして画家を志し、梶田半古門下の小林古径の指導をうけた。

 〈 (大正九年ごろ)小林先生が始終、丸善へ行って、後期印象派か、ルネッサンス期のいろいろな画集を年中買ってみえるんですよ。そのころ私はセザンヌのとてもいい画集を買ってもらいましてね。それからセザンヌが好きになって、その後セザンヌのあらゆるものを集めてみたんですよ。素描から何からね。その素描で日本画に得るところないかと思って、それを模写したりしました。それで私の絵は不思議な描き方なんだと自分で思っています〉

〈でき上りはなめたようになめらかで美しいのですが、途中はすごくきたないですね。だから私の絵は途中で、人に見せられないです。日本画のいわゆる決った描き方でないものですから〉(「三彩」昭和四十八年=一九七三年七月号)

 昭和二年(一九二七年)、三十八歳にして「胡瓜畑」で院展に初めて入選する。代表作のひとつ「鳴門」は七十代、「醍醐」は八十代のときに発表し、大器晩成と呼ばれた。平成二年(一九九〇年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004