2015.04.20 特集

「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、朝井リョウ著『武道館』を朗読!【第1回】

「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、朝井リョウ著『武道館』を朗読!【第1回】

アイドルグループ「でんぱ組.inc」のメンバーである夢眠ねむさんに、朝井リョウさんの最新刊『武道館』を朗読していただきました。 「アイドルという職業が背負う十字架について、考えて考えて、考え抜いて出た結論を書きました」と朝井さん本人がおっしゃるとおり、 この作品は武道館を目指すアイドルグループの爽やかな青春小説では終わりません。 アイドルファンの方にも、そうでない方にもぜひ読んでいただきたい傑作です。『武道館』発売の4月24日まで全5回にわけてお届けします。

ダンスレッスンのためにスタジオに集まった、NEXT YOUの5人。メンバーのひとり、真由がダンスの先生に注意された理由とは。(『武道館』第2章より抜粋)

「真由、もう先生来るって」

「これだけ! あとこれだけ!」

 顔の横に持ってきたドーナツを困ったような表情で見つめながら、真由は携帯のシャッターを繰り返し押している。【超絶悲報★食欲の秋、到来ナリ~】さっき見せてくれたブログの下書き画面にはそんなタイトルが書いてあった。

「自撮りはあとでもできるでしょ」

 誰よりも早くレッスン着に着替え終わった波奈が、自主的にストレッチをしながら真由を注意する。高いところできちんとまとめられた髪の毛はいかにも優等生だが、Tシャツの胸の部分では、最近ハマっているらしいアニメのキャラクターがふざけた顔で笑っている。

「レッスンのあとだと髪の毛ぺたんこになっちゃうんだもん、これだけこれだけ」

 真由は画面を確認すると、「よしっ」と携帯を投げた。折りたたまれたタオルに、ぽすんと携帯が着地する。そしてその横に、口をつけていないドーナツを置いた。

 真由はいつも、梅味の茎わかめばかり食べている。だけど、茎わかめと撮った写真をブログにアップすることは、絶対にしない。

「お、みんな揃ってるね」

「おはようございます!」

 先生が部屋に入ってくると、各自ストレッチをしていたメンバーがピンと背筋を伸ばした。「ぎりぎりセーフ」真由が、愛子の左側でこそっとつぶやく。

 レッスンは、いつものようにたっぷりのストレッチから始まる。先生のゆっくりめのカウントに

合わせて、全身の筋肉を伸ばし、ほぐしていく。

「なんかサマになってきたね、この立ち位置も」

 先生がレッスンスタジオを見渡す。スタジオの床には、客席とステージの境界線がわりにビニールテープが貼られており、テープの上にはまるで目盛りのように数字が書かれている。ど真ん中が0、そこから両側へ広がっていくにつれて、1、2、と数字は増えていく。立ち位置を覚えるときの基準となる番号だ。

 0の前にいる碧の表情を、愛子は鏡越しに盗み見る。(つづく)


「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、朝井リョウ著『武道館』を朗読!

|第1回|第2回第3回第4回第5回

武道館
朝井リョウ・著

定価:本体1,300円+税 発売日:2015年04月24日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
特集「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、朝井リョウ著『武道館』を朗読!【第2回】(2015.04.21)
書評かなり素敵な世代(2014.12.27)
書評アイドルが自分で選ぶこと それは一つの復讐である(2015.04.21)
特集「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、朝井リョウ著『武道館』を朗読!【第3回】(2015.04.22)
特集「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、朝井リョウ著『武道館』を朗読!【第4回】(2015.04.23)
特集「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、朝井リョウ著『武道館』を朗読!【第5回】(2015.04.24)
書評「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、『武道館』を読んで(2015.04.25)