2012.01.30 文春写真館

“日本一の人気演劇人”つかこうへいの情熱、“韓国との橋渡し”

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

“日本一の人気演劇人”つかこうへいの情熱、“韓国との橋渡し”

 昭和二十三年(一九四八年)、福岡県生まれ。慶應義塾大学在学中から演劇活動を始め、七〇年代、「熱海殺人事件」などの作品で、劇場につねに長蛇の列を作らせる「つかこうへいブーム」を巻き起こした。昭和五十七年には小説「蒲田行進曲」で直木賞を受賞する。

 日本語が秘めていた圧倒的なパワーを世に示し続けた、日本一の人気脚本家・演出家は、本名・金峰雄(キム・ボンウン)、韓国籍の在日二世である。ペンネームは「いつか公平な世の中に」という願いから、というのは「伝説」(本人は別の由来を語っている)だが、その志どおり、後年は韓国での演劇制作活動に邁進した。韓国人俳優による「熱海殺人事件」や「蒲田行進曲」の上演が、韓国の演劇、映画界に与えた影響は大きい。日本と韓国の文化的橋渡しに実際もっとも貢献した人物、といっても過言ではない。

 平成二十二年(二〇一〇年)七月、肺ガンで死去、遺書には、対馬海峡あたりに散骨してほしい、と書かれていた。写真は平成十七年九月に撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004